高卒認定試験とは?

高等学校を卒業できなかった人に対して、高校を卒業した人と同程度以上の学力が備わっていることを証明してくれるもの、それが「高等学校卒業程度認定試験」です。
通常は「高卒認定試験」または「高認」と略されることが多い試験です。所定の基準をクリアし合格をすれば、高校を卒業していなかったとしても、

  • 専門学校
  • 大学への進学
  • 就職への選択肢

が大きく開かれることになります。高卒認定は過去問を題材として勉強できれば合格の可能性は高まります。ただし注意すべきことは、高卒認定を取得したとしても、高校を「卒業した」ことにはならないという点です。
高校卒業というステータスが必要であれば、やはり、学校教育法に基づいて認可された高等学校を、条件を満たして卒業をするのが原則です。
高卒認定は、あくまで「高校卒業と同じ程度の学力」があることを国が保証する制度であって、高卒という立場を与えてくれるものではないのです。しかし・・・
高卒認定試験 

 

高卒認定試験の活用方法

それでは、高卒認定にはどんな意味があるのだろうかと疑問に思われる方もいらっしゃるかも知れません。高卒認定試験の前身となるのが大検、「大学入学資格検定」です。大検は、高校を卒業できなかった人に対して、大学の入学試験を受けることのできる資格を付与するものでした。

実は大学は、高校を必ず“卒業しなければ”受験できない訳ではありません。

各大学の受験資格を見れば、大学の入試選抜の受験資格には、高校を卒業した(する見込みの)者のほかにも様々な要件があることが分かります。
例えば
本来は日本の法律が適用されていない海外の高校を卒業したという人も条件を満たしていれば受験できます。

  • 同様に、“高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者”も受験が可能です。
  • それを認めてくれるのが、かつては大検、そして現在の高卒認定ということになるのです。これは東大であっても同様の話になります。

 

まとめ

大検は、文字通り大学を受験するためだけの制度でしたが、平成17年から替わりにスタートした高卒認定制度では、

  • 大学進学のほか
  • 専門学校への進学
  • 高卒程度の学力が要件とされている各種資格試験
  • 更には就職

 

これらに役立つ試験です。

 

高卒認定の資料が無料で請求できます!今すぐココ押してね!
↓↓↓
高卒認定試験

 

 

 

 

更新履歴