高卒認定試験とは?高卒認定試験の基礎知識

高卒認定試験とは 誰でも受験可能?

 

高卒認定試験または高認とは、高等学校を卒業していない人が受けられる試験のことです。
この試験に合格すると「高等学校卒業と同程度の学力を有する」ことが国から認められたことになります。

 

現在は夏と冬の2回、試験が実施されています。

 

受験資格は「16歳以上で高校卒業資格を持っていない人」。
卒業をしていなければいいので、高校在籍中の人でも受験が可能です。

 

合格するとどんなメリットがある?

 

前述の通り高認を取れば、高等学校で学んだ人と同じくらいの学力があると認められることになり、進学や就職などで選択肢が大きく広がります。それぞれ詳しく見てみましょう。

 

進学に関するメリット

 

文部科学省が公表している「大学入学資格について」という資料を見ると、日本国内の大
学に入学するための条件はいくつかあるのですが、そのうちのひとつに「高等学校卒業程
度認定試験(旧大検)に合格した者」という項目が見られます。
大学と同様に専門学校への入学資格も高認を取った人に与えられます。

 

 

就職に関するメリット

高認を持っていると、就職の選択肢も大きく広がります。

 

代表的なメリットは、公務員へのチャレンジができるということでしょう。
例えば国家公務員採用一般職試験(高卒者試験)の場合、「高卒者」と書いてはあります
が、高認合格者も試験にチャレンジすることができます。

 

一般企業の場合も、高卒対象の求人であればチャレンジをすることができます。

 

資格に関するメリット

国家資格の中には、一定の学歴がないと試験を受けられないものが多くあります。
高認に合格すれば、高校卒業と同じスタートラインから資格試験にチャレンジすることが可
能になります。

 

例えば文科省が行う「幼稚園教員資格認定試験」や「小学校教員資格認定試験」、農林水
産省が行う「林業普及指導員資格試験」など、多くの国家資格試験が高認を正式に認めて
います。

 

中卒のままだと、進学や就職、資格取得など何をするにも制限が大きく、選択肢が狭められてしまいますが、高認に合格すれば一気に道が広がるのです。

 

 

高卒認定は高校卒業資格と同じ?

 

勘違いしてはいけないのは、高等学校を卒業して得られるものと、高認合格はまったく異なるものということです。

 

前述の通り、あくまでも「高校卒業と同程度の学力を有する」ということを証明するものに過ぎません。高認に合格しても学歴は中卒のままであることを理解しましょう。

 

どんな人が受験するの?

 

心身のトラブルなどで高校に入学できなかったり、中退してしまったりした人が受験するケースが大半です。

 

また、ごく少数ではありますが、海外の学校で学んだ人のうち、その国の教育制度上日本の大学への入学資格が得られない場合に、高認を取ることで入学資格を取得するというケースなどもあります。

 

飛び入学はできる?

 

16歳から受験できるのならば、高校に行かないですぐに高認を受験して合格すれば、周りの人よりも2年くらい早く大学に入学できるのでは?と考える人がいます。

 

結論から言うと、この方法で大学に早期入学するのは原則的に不可能です。

 

実際、高卒認定の合格証書を見ると「18歳に達するまでは大学の受験資格がない」という旨の注意書きが書かれていますし、文科省のサイトなどでも大学入学資格は18歳以上の人に認められると明記されています。

 

一方で例外もあります。それが飛び入学です。

 

日本では特定の分野ですぐれた実績を残した学生に対して、早期入学を認めるという制度があります。

 

有名なところでは、スキージャンプの第一人者高梨沙羅選手の例が挙げられます。
彼女はインターナショナルスクールを経て高卒認定試験に合格し、その後競技での実績が認められ、日本体育体育大学に17歳で入学しました。

 

しかし、これは極めて希少な例です。

 

日本では飛び入学や飛び級の制度は一般的ではなく、平成28年度に飛び入学を実施したのは千葉大学や成城大学など全国で8大学にとどまっています。

 

それぞれの大学ごとに飛び入学の制度が異なりますが、高校在学中かつ2年次修了予定者しか飛び入学の試験にチャレンジできないというケースが大半で、高認試験合格者を早期に受け入れているという学校はごくごく少数です。

 

基本的には高認を早期に合格したとしても、18歳まで大学入学を待つことになると考えておいてよいでしょう。

 

 

【参考サイト】
文部科学省「大学入学資格について」

 

 

 

 

 

更新履歴