高卒認定はアルバイトに使えるか

高卒認定はアルバイトに使えるか

高卒認定はアルバイトに使えるか

高卒と同様に応募可能

 

アルバイトの場合でも高校卒業以上などという応募条件が設けられていることがありますが、高卒認定合格者の場合、こうした求人に応募することは可能です。

 

まれに「高校卒業以上または同程度」ときちんと書いてある求人もあります。こうした職場は高卒認定の存在を理解しているので、積極的に狙ってみるとよいでしょう。

 

正社員になるのと比べ、アルバイトの採用は難易度が低いと言えるでしょう。

 

特に小売など慢性的な人手不足に陥っている業種ならば、かなりの高確率で採用されると考えて問題ありません。

 

アルバイトの場合、学力はあまり関係はなく、きちんとした受け答えができるかなどの一般常識のほうが重要になります。
アパレルなど一部の職種は除き、髪を黒くしてきちんとした格好で面接にのぞみ、相手の質問に対してハキハキと応えるようにしましょう。

 

 

正社員登用の可能性は?

 

会社の規模にかかわらず、アルバイトを正社員登用する企業は比較的多くあります。

 

高卒認定合格者の場合、アルバイトに入るまでは比較的簡単ですが、正社員登用となるとかなり厳しいというのが現実です。

 

実際、大卒の人でも正社員登用が実現しない人も多く、狭き門と言えるでしょう。

 

しかしアルバイトでしっかりと結果を出していれば、可能性はゼロではありません。
社員になればアルバイト時代とは異なり、マネジメント能力や売上を上げる能力も必要になりますが、アルバイトの仕事をしっかりしていればチャンスが与えられる可能性が高くなります。

 

もし、アルバイトから社員という道を狙うのであれば、中小の企業がおすすめです。

 

大企業の場合、社員登用となると急に学歴などに対するハードルが上がり、高卒認定のままだと社員登用の基準にクリアできない可能性が高くなってしまいます。

 

 

働きながら進学という選択肢を第一に

 

正社員になれば必ず安心という時代でもありませんが、アルバイトなどに比べると安定しているのは言うまでもありません。

 

しかし、現在の日本では非正規雇用の割合が非常に多くなっています。
大学を卒業しても、一度正社員を退職してしまうと再就職は厳しいという状況も発生していて、年を取れば取るほど、この問題は深刻になっていきます。

 

一言で言えば、今の日本で正社員になるには「若くて、学歴がある人」が優先されてしまうのです。
中卒や高卒でも正社員で働いている人はいますが、ごく少数と言えるでしょう。

 

今、十代で高卒認定を考えている人はこの現実をしっかりと受け止めなければいけません。

 

正社員を目指すには、今すぐにでも勉強を始めて高卒認定に合格し、アルバイトをしながらでもなんとか進学する道を探ってみてください。