高卒認定から大学進学へ

高卒認定から大学進学へ

高卒認定から大学進学へ

高卒認定だけでは幅広い職業を選べない

 

高卒認定は就職の際に高校卒業と同じように扱ってもらえますが、実際に就職試験に合格できるかはまた別の話というのは、これまでに解説してきた通りです。

 

また、高卒認定合格後に資格を取って就職を目指すという道もありますが、高卒認定は厳密には中卒扱いなので、資格を取ったとしても正社員採用へのハードルは決して低くありません。

 

もちろん学歴は関係なく採用をしている企業もありますが、それはごく少数。
自分がやりたい仕事につける可能性を高めるのならば、やはり進学はしなければいけないでしょう。

 

特に事務系などの人気の仕事につきたいと考えるのならば、大学進学は不可欠です。

 

大学受験突破のためには個別の対策が必要

 

レベルの高い全日制高校に通っている学生の場合、塾や予備校へ通わずに大学へ合格したという話をよく耳にします。しかしこれは学校で普段から勉強している内容のレベルが高く、さらに校内で大学入試対策の補講などが行われているケースが大半。

 

一般的な全日制高校生の場合、学校とは別に塾や予備校に通って大学入試対策を行うのが一般的です。

 

では、高卒認定から大学進学をするにはどのような対策を立てればよいのでしょうか?

 

その前にまず、高卒認定試験のレベルについて知っておく必要があります。

 

実際、高卒認定試験で出題される問題はかなり基礎的なものばかりで、高1から高2レベルの学力があれば全科目に合格できると言われています。

 

大学のレベルにもよりますが、高1や高2レベルで合格できる大学はほとんどありません。

 

つまり高卒認定から大学を目指すのならば、高校3年生の勉強プラスアルファの学力をどこか身につけなければならないのです。

 

では、大学入試対策はどこで行えばよいのでしょうか?
高卒認定試験の場合は、やる気さえあれば独学でもなんとかなるレベルですが、大学入試となると話は別。現実問題として、予備校か塾に入ることが求められます。

 

しかし、現役高校生と同じところに入るのはあまりおすすめできません。
なぜなら、通常の塾や予備校は、高3レベルの学力が当然備わっているという前提で授業が行われるからです。

 

仮に高卒認定に合格していたとしても、前述の通り高2くらいまでの学力しかないため、授業について行けなくなる恐れがあるのです。

 

そのため予備校を選ぶのならば、不足した学力をフォローアップする体制が整ったところにするとよいでしょう。

 

中には高卒認定と大学合格という目的をセットにしている予備校もあり、こうしたところならば中学レベルの学び直しから大学入試対策まで幅広い勉強を教えてくれます。

 

専門学校入学もひとつの選択肢

 

これまでは大学進学を中心に解説してきましたが、専門学校へ入学するのも先々就職を有利にするためのひとつの手段です。

 

高卒以上で入学できる専門学校の場合でも高卒認定を取っていれば入ることができますし、一般的な専門学校の場合は難しい入学試験がないことがほとんどです。

 

将来やりたい職業が定まっていて、それが専門学校で学べるジャンルのことであれば、大学にこだわらなくてもよいとおぼえておきましょう。