高卒認定現代社会の範囲

高卒認定現代社会の範囲

高卒認定現代社会の範囲

高卒認定試験の社会科科目のうち、公民分野は、現代社会か、倫理と政治・経済のセットのいずれかを選択して受験します。
現代社会を選択した場合は1科目で良いのに対し、倫理と政治・経済とのセットを選択した場合は、科目としては2科目になります。

倫理と政治・経済は、あくまで別個の科目であり、試験日もそれぞれ異なりますので、勉強の量も増え、科目の負担も増える(受験料にも影響する場合あり)ことになります。

よほどの事情が無い限りは通常は現代社会1科目で済ませることが多いです。

 

高卒認定試験の現代社会は、1科目としては問題冊子のページが最も多く、それはつまり資料を使った問題が多いということを表しています。
図や写真、グラフなどを用いて、それに関する設問を解いて行くことになります。設問によっては、2ページ見開きで資料が大半、質問は1問、といったものもあり、いかに資料を正確に判断できるかということが課題になります。
高卒認定 世界史 範囲 

高卒認定現代社会の勉強方法

むしろ、日頃からニュースや新聞をよくチェックしておいて、最近の社会問題に関心を持っていれば、取り立てて参考書や問題集を使って勉強をしなくても、資料を落ち着いて見て設問に答えるだけで合格点に達することができる程です。基礎知識として、高卒認定試験用の現代社会のテキストや参考書で最低限の知識をインプットしておけばなお安心と言えます。
試験本番では、膨大なページに渡る資料や設問を、50分という時間の中で処理する能力が必要とされると言っても良いでしょう。そのためにも、常日頃から時事問題には関心を寄せておくようにしましょう。

 

まとめ

高卒認定試験の現代社会の範囲や出題傾向は、毎回およそ決まっています。
常に変わる現代の社会の問題が出題されますので、範囲が常に拡大していると言えなくもないですが、実はそれ程恐れる必要もありません。あくまで“常識”で解ける問題が多いですから、社会のことを知ろうという動機で楽しみながら勉強をして行っても良い位です。
最近の傾向としては、環境問題やエネルギー問題、科学や医療に関する問題などが毎回出題されていますので、家族や友だちと、最近話題になっているそのようなテーマを話し合ってみても良いでしょう。

 

 

高卒認定の資料が無料で請求できます!今すぐココ押してね!
↓↓↓
高卒認定試験