高卒認定と通信制高校と定時制高校の費用と時間について

高卒認定と通信制高校と定時制高校の費用と時間について

高卒認定と通信制高校と定時制高校の費用と時間について

3年間、全日制の高等学校に通って卒業し、大学等への進学や就職へと進むというのが、多くの人が通る道ではないでしょうか。しかし、それ以外にも、様々な方法によって、高校を卒業、あるいは卒業者と同程度とみなされる制度があり、いずれも進学や就職などに活かすことができます。事情はともあれ、高校を卒業できなかった場合は、経歴としては中学校卒業で留まってしまいます。そのままでは大学や専門学校への進学は元より、就職の面でもハンディを背負うことになります。
高卒認定試験 
そこで、高校を卒業した者と同等以上の学力はある、よって大学入学資格はある、と国が認めてくれる制度が高卒認定試験です。この試験自体は、独学で、つまり費用をほとんどかけずに、自分のペースで学習を進めることができます。アルバイトをしながら、空き時間で試験勉強をするということも可能です。認定試験の全科目をクリアし、

更に大学受験に取り組み無事に入学することができれば、中卒から、大卒または大学中退という経歴まで一気に飛躍することになります。

ただし、高卒認定試験をクリアしても、高校を卒業したことにはならない点には注意が必要です。「高校卒業」とは履歴書には書けません。

 

高校卒業を得る様々な方法

もしも、一旦は高校を辞めてしまったものの、やはり高校卒業というワードが自分に必要だと思ったら、定時制高校、あるいは通信制高校に入り直して、正真正銘高卒の立場に立つことが可能です。原則として、全日制高校に通うことができない人が、全日制とは異なる時間帯に行われる授業を通じて高校を卒業するシステムになっているのが定時制高校、定時制高校に通うことも困難な人が高卒の資格を得るために利用するのが通信制高校、という区分になります。
高卒認定試験 

定時制高校

定時制高校、あるいは定時制課程を併設している全日制の高校は、公立だけでも全国に数多くあります。公立の場合は学費が安いのが最大の特長でしょう。定時制は1日の授業時間が全日制よりもどうしても短くなるため、4年で卒業となることが一般的ですが、カリキュラム次第では3年間で卒業することも可能です。

 

通信制高校

通信制高校は、自宅における自分のペースでの勉強を中心に、それ以外の活動も自由に行うことができるのがメリットとです。こちらも学費は公立の通信制高校が断然安いのですが、校数はぐっと少なくなります。便性を考えると、より数の多い私立の通信制高校も選択の余地があるでしょう。

 

まとめ

色んな方法があります。自分にあった方法を見つけることが大事です。

  • 時間
  • 費用
  • 難易度

このような事を基準に選択しましょう。

 

 

高卒認定の資料が無料で請求できます!今すぐココ押してね!
↓↓↓
高卒認定試験