高卒認定試験を最短で取得するには

高卒認定試験を最短で取得するには

高卒認定試験を最短で取得するには

高卒認定試験は、現在、年に2回実施されています。

  • 8月初めの平日
  • 11月の第2土日

2日間ずつ、合わせて2度の試験に1年の中で挑むことができます。

 

高卒認定試験は、8つまたは9つの科目それぞれで合格点を取れば、満18歳の誕生日をもってすべて合格、修了となります。試験科目は、毎回1度に全部合格しなければならないという訳ではなく、1科目ずつ合格を重ねて行くことができます。つまり、

できそうな科目から順番に、1つずつ積み重ねて行けばよく、受験した科目が不合格になってしまったら、次にまたその科目に再チャレンジすればよいということになります。

以上のことを踏まえると、最も高卒認定を最短で取得するケースは

  1. 8月に行われるその年度の第1回試験で全科目を受験し、合格できなかった科目があれば
  2. それを11月の第2回試験までに集中的に学習をして合格レベルまで持って行く

というパターンになるでしょう。
高卒認定試験 最短 

高卒認定の合格レベルに達する期間

一方、試験の内容から見た場合、どの程度の期間で合格レベルに達するのでしょうか。例えば現代社会は、きちんとまとめられたテキストを用いて、ひと通り用語や社会・組織の仕組みを覚えておく必要がありますが、

  • 普段からマメに新聞を読んでいるとか
  • 日々のニュースはテレビやネットなどを通じて結構仕入れている

という場合は、それほど試験勉強に時間をかけなくても合格基準には達することが可能です。この場合、試験勉強時間と敢えて言うなら、ゼロ時間と答えられるかも知れません。

 

苦手科目の時間の使い方

一方で、とにかく算数・数学は苦手だ、という人が試験で合格レベルに達するには、時間をかけて多くの、そして何度も問題を解いてみなければならないでしょう。
この場合は、もし独学で臨むとすれば、1年かけてもなかなか埒が明かないような状況になるかも分かりません。高卒認定を最短で取得したいのであれば苦手科目も含めどこかで対策講座を受けたほうが良いかもわかりません。

 

まとめ

なお、高卒認定試験では免除制度があります。
高卒認定の試験範囲は、普通高校なら1年生時に学習する内容が多いので、もしも高校1年生まで通ってきちんと授業に出て単位ももらっている科目があれば、それは受験しなくても良くなります。この場合、不足している科目だけ受験して合格すれば良いので、数ヶ月の学習と1回の受験で高卒認定そ最短で合格できるパターンもあり得ます。

 

 

高卒認定の資料が無料で請求できます!今すぐココ押してね!
↓↓↓
高卒認定試験