高梨沙羅選手はどうやって高卒認定試験を1発合格したか

高梨沙羅選手はどうやって高卒認定試験を1発合格したか

高梨沙羅選手はどうやって高卒認定試験を1発合格したか

ソチ冬季オリンピックに、女子スキー・ジャンプ競技のエースとして、メダルの期待を背負って臨んだ高梨沙羅選手。高梨沙羅選手と言えば、

2012年、15歳高校1年生の8月に、高卒認定試験で1発合格をしたことでも話題となりました。

高梨さんは、高校の進学先として、北海道旭川市にあるインターナショナルスクールを選択、世界での活躍を視野に英語の習得をメインに努力する傍ら、既に1年生の前半で、高校卒業者と同等以上の学力があると国が認める高卒認定試験をパスし、今後はスキーだけに集中できる高校生期を送ることが出来るようになったのです。

 

高卒認定試験は、満16歳になる年度から受験することが可能であり、それを満たせば年齢の上限はありません。また、15歳で高卒認定試験科目全てで合格したとしても、満18歳の誕生日になって初めて合格認定証が有効となって、進学や就職に対して効力を発揮するようになることから、今回高梨さんが合格した認定証は、満18歳を迎える2014年10月8日までは保留となります。(2013年時点)
高梨沙羅 高卒認定試験 

高梨沙羅選手の高卒認定勉強法

それにしても、高校に入学してわずか4ヶ月、しかもスキーの練習や遠征があったため、実質スクールに通ったのは1ヶ月半程と言われる中で、1回で全科目を合格し高卒者と並ぶ資格を得たということには、スキーの技術もさることながら大きな驚きと関心が寄せられています。いくつかの報道によれば、高梨さんは、出来るだけスキー競技に時間を割けるようにするために、とにかく集中して、1日11時間の猛勉強をして8月の第1回試験に臨んだとのこと。そもそも高卒認定試験は、独学でも、そして、中学をきちんと卒業した人であれば、1年程度時間をかけて準備をすれば1年以内でも全科目の合格が可能な試験です。正に高梨さんは、

一般の人が1年かけて仕上げる内容を、たった数ヶ月で集中して突破したと言えます。

その集中力と努力には多くの人が脱帽しており、やはりオリンピック選手だと誰もが驚嘆しています。

 

まとめ

今後、高梨さんを見習って、短期間に圧縮して努力をし、いわばさっさと高卒認定を取ってしまって、あとは落ち着いて自分の夢を追い求める若者が増えることを期待したいものです。こういった使い方も出来るのが高卒認定試験のメリットですね。

 

 

高卒認定の資料が無料で請求できます!今すぐココ押してね!
↓↓↓
高卒認定試験