高卒認定は就職で使える

高卒認定は就職で使える

高卒認定は就職で使える

高卒認定は就職で使えます!

 

義務教育は、小学6年間、中学3年間の合計9年間実施されます。憲法や法律の定めによれば、その義務教育期間は、保護者はその保護する子どもたちを学校に通わせる必要があります。子どもたちにしてみれば、楽しい楽しくないという個人的な思いはともかくとして、原則として9年間学校に通って学ばなければならないのです。

 

逆に言えば、その9年間を無事に全うすれば、その後は、義務的な普通教育というのはありません。自分が勉強したいと思えば、進学して勉強すれば良いのであり、勉強が嫌なら中学卒業後に就職して働き始めれば良いのです。

 

高校進学率

しかし、文部科学省が発表している統計によれば、平成25年の数値では実に98.7パーセントの中卒者が高校に進学しています。この数字は微増ですが年々増加していて、ほぼ中卒者の全員が何らかの高校に進学しているのが現実ということになります。このことから、ほぼ全員が、言わば義務教育のように高校に進学しているということが分かるのです。
高卒認定 就職 
これは逆に言えば、社会的な認知度としても、高校に行くのはごく当たり前だと考えられているとみられます。従って就職をするにおいても、やはり高卒が、大きな、そして最低限の基準と判断されても仕方がないと言えるでしょう。義務教育ではありませんが、高校に行って、最低高卒の資格を持って社会で働くというのが、ほとんどの人の歩む道であると言えるのです。

 

もちろん、中卒でも就職することはできますし、決して、中卒では絶対ダメと言っているのではありません。しかし、社会的な要請としては、高校を卒業しているのが当然だと思われていると考えて間違いないでしょう。そういった環境下の中で高卒認定を使うことで就職は有利に働きます。文部科学省が高卒認定の認知向上を図っていることも考えれば合格しておくのと中卒のままでは大きな開きがあるでしょう。

 

まとめ

様々な事情によって高校を卒業できなかったとしても、「高卒認定試験」をクリアすることで、高校卒業者と同程度の立場で就職やその先の学校に進むことができるようになります。
高校の雰囲気や、人間関係のつまずきが原因で高卒者となることができないとすれば、改めて高校に通うことなく高卒者と同じような立場で就職などに活かせる高卒認定は魅力なのではないでしょうか。

 

 

高卒認定の資料が無料で請求できます!今すぐココ押してね!
↓↓↓
高卒認定試験